痛みに弱い男性向け脱毛

完全に痛みがない脱毛はない!

男性の間でも、おしゃれだけでなく身だしなみの定番となっているヒゲ脱毛。
男性専用の脱毛サロンやクリニックも増えてきており、「男が脱毛なんて!」といった考えもなくなってきました。

特にヒゲは毎日の事だけに、「脱毛したい!」といった男性が増えています。
「脱毛=ヒゲ」といったぐらいの定着ぶりです。

でも、脱毛には少しばかりの痛みを伴います。
「脱毛したい…けど、痛いのはいやだなぁ」なんて声もちらほら。
痛みに不安を感じてなかなか一歩踏み出せない人も少なくないのです。

脱毛にかかる痛みは、個人差があり一概にいうことはできません。
ですが、完全に痛くない方法…なんてものは無理。
大小さまざですが、その痛みを乗り越えてこそ大きな成果を得ることができるのです。

どうしても我慢できない痛みには麻酔

脱毛と一言にいっても、さまざまな方法があります。
一般的におこなわれている脱毛法としては、ニードル(針)脱毛医療レーザー脱毛光脱毛とあり、この中でも特に痛みが強いのがニードル脱毛です。

ただし、その痛みの強さの分だけ、効果はとても高いもの。
ニードル脱毛は痛みが強く時間もかかるけれども、永久脱毛に一番近い方法と言われています。

効果をとるのか、痛みをとるのか…何を一番に重点を置くかで、脱毛方法も変わってきます。「痛くても効果的な方法で!」というのであればニードル脱毛がおすすめですが、「痛いのはちょっと…」というのであれば、ほかの医療レーザーや光脱毛がおすすめ。

ちなみに、医療レーザーや光脱毛を比べた場合、痛みが弱いのは光脱毛ですが、その分効果も落ちるものとなります。痛みと効果は反比例の関係にあるのです。

また、痛みを極力抑える方法としては、麻酔を利用するといった方法もあります。
これは医療脱毛でしかできませんが、どうしても痛みに耐えられない場合は、医師と相談して笑気麻酔などを使う事が可能。これも、事前に確認しておくと安心です。

笑気麻酔とは?

笑気麻酔は歯科治療などでも使われている麻酔で、不安感や恐怖心を取り除くために使用されています。
鼻から吸入用のマスクをつけて笑気ガスを吸入する全身麻酔です。

笑気とは亜酸化窒素のことで、あまい香りをした無色の気体。
吸い込むことで、顔の筋肉が軽くけいれんして笑っているような感じに見えることで「笑気ガス」と呼ばれています。
吸うだけで痛みもなく、数分で頭がぼーっとしてきます。
吸うのをやめるとすぐに麻酔の効果はなくなります。

ヒゲ脱毛の場合では、麻酔をしなくてもいいぐらいの痛みなので、あまり麻酔を使用する人はいませんが、痛みに弱い人はよく利用されています。
最初は麻酔なしでやってみて、痛みに我慢できないようであれば麻酔をお願いしてみてもいいですね。

ただし、麻酔をかけたからといって、必ずしも痛みがゼロになるというわけではありません。
個人差もありますが、酔っ払いに近い感じにすることで痛みに鈍感な状態にする…といった方が適切なのです。

痛みはヒゲの濃さや密度、太さなどによって変わってきますから、そうした違いで麻酔による差がでてくることもあるのです。

ヒゲ脱毛をもっと詳しく知りたい人へ

ヒゲ脱毛

ヒゲ脱毛の基本から、実際に医療機関、病院でヒゲ脱毛を行った人の口コミレビューまで。ヒゲ脱毛に関する情報が盛りだくさん!まさにヒゲ脱毛のための情報サイトです。

このサイトを見ればヒゲ脱毛のことは一通り理解できるでしょう。実際にヒゲ脱毛した方の痛みに関する口コミもあるので、痛みが気になる人にもオススメです!

ヒゲ脱毛「男のヒゲ脱毛体験記」はこちら