痛みを和らげる方法

ヒゲ脱毛時の痛みを和らげる方法

ヒゲ脱毛をする時に気になるのが、施術時に感じる痛み。
まったく痛みを感じない脱毛方法なんてものはありませんのが、医療脱毛であれば麻酔を使って痛みを軽減させることはできます。

麻酔は医療機関でしか使うことはできませんので、エステサロンなどでは無理。
必然的に脱毛クリニックや美容外科などになります。

脱毛時に使える麻酔といえば、代表的なものは「笑気麻酔」ですが、他にも肌の表面に塗る「麻酔クリーム」や、直接体内に麻酔を注射する「麻酔注射」とあります。

●笑気ガス

医療用ガスの一種である笑気ガスは、鼻から吸入して使い、その使いやすさはもちろん安全性も高い事でも有名。
ヒゲ脱毛以外では、歯医者さんでもよく使われています。

数分で体の力が抜け、頭がグルグルと回ったような感じになり…例えるなら酔っ払い状態。
酸素を吸入することで、すぐに正常な状態に戻ります。
痛みを完全に消すことはできませんが、痛みから気をそらして和らげ…といったもの。
費用としては、1回あたり3,000円前後となっています。

●麻酔クリーム

麻酔クリームは、肌の表面に「リドカイン」というクリームを塗ることで痛みを軽減させます。
ヒゲだけでなく、胸や腕のムダ毛、足のすね毛といった、比較的大きな面積部分を脱毛するときに使用します。

笑気ガスのように数分で効くわけではなく、約30~1時間ほど前に塗布することで効果が表れます。また、部位によって効果が異なり、皮膚が厚い部位では効きにくく、薄い部位のほうが効きやすいものとなっています。

そうしたことからも、局部的な脱毛に向いているといえます。
料金は使用する広さや量によって変わりますが、大体3,000~5,000円ほどが目安となります。

●麻酔注射

部分的に麻酔薬を注射して、痛みを軽減します。
その効き目は抜群ですが、注射するときに痛みがあるので、それについては覚悟しておかなくてはいけません。
費用としては、1回あたり5,000~10,000円ほどと、ちょっと高額になります。

また、麻酔以外にもジェルを使って痛みを軽減する方法もあります。
ジェルで脱毛部位を冷やすのですが、「冷やすして痛みを軽減する」といった方法には、冷却ガスといったものもあります。
冷却ガスは脱毛機器についていることが多く、脱毛しながら脱毛した部位を冷やして痛みを和らげていきます。

痛みを弱くするには、エステサロンなどの光脱毛で出力を抑えて行うといった方法がありますが、これは効果も大きく下がってしまうので、ひたすら通い続けることになります。
痛みがなくても効果が思うように出ないのでは、なかなか続けることも難しくなってしまいます。

それだったら、医療レーザーで多少の痛みは我慢したほうが良いというもの。
医療レーザー脱毛では、痛みは大きいですがその分、効果は高く得られます。
処理時間も1回あたり10~15分ほどなので、麻酔やジェル、冷却ガスなどで我慢したほうが、早くヒゲ脱毛を終了させられるのです。